music factory for acidの質問掲示板にてご質問いただいたものをまとめました。Remix作成のツールとしてお使いください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
データをつないだまま、曲間認識をさせる方法
Q14.
SCREENBLAST ACID 4.0 日本語版ユーザーですが、1枚のCD-Rに20曲程入れたミックスCDを作っていますが、wav形式でレンダリング後再生してみると、例えばCDプレーヤーやMedia Playerである曲から次の曲へスキップしようとしても全曲が1つのトラックみたいになっていて曲間認識がありません(データ上トラックの境目の認識が無い)。
ミックスCDなのでノンストップ(無音状態無し)で次の曲へ移り、且つ曲間認識をさせたいのですが可能でしょうか?


A14.
プロジェクト上にあるすべてのトラックを一気にレンダリングしたため、曲間が認識されない長い一曲ができたのだと思われます。

私の場合は以下のようにして、この問題を処理しています。

例えばノンストップで20曲作りたいとき、ループリージョン機能を使って、一曲づつレンダリングしていきます。

まず、仮に1曲目と2曲目の曲間を認識させるとき、ループリージョン(ループ再生する区間を決める2本のバー)で1曲目の始まりと終わりを挟みます。

そのあとループ再生ボタンを押していただき、ループリージョンの上に青い部分ができると思いますので、そこの部分にポインタを持っていき、右クリックをしていただくと、「ループリージョンのところのみレンダリング」というコメントがありますので、そちらを選択していただくとファイルの保存画面がでてくると思いますので、名前を入力して、ファイル形式と、「ループリージョンのところのみレンダリング」というコメントが書かれているチェックボックスに、チェックが入っていることを確認してから保存をしていただくと1曲目だけがwavファイルとして、保存されると思います。

以下同様に今度は2曲目の初めから終わりまでの部分を挟んで・・・と同様の操作をしていただくと、計20個のwavファイルができると思います。

その後、CDライティングをするのですが、自分はスクリーンブラストを使ってノンストップメドレーのCDライティング方法や、パソコンはwindows98を使っているため、media playerを使ったCDライティングの方法がわからないため、曲間の無音時間を調節できるget it on CDというソフトを使ってCDライティングをしています。
スポンサーサイト

テーマ:DTM関連 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。